2021年10月15日 投資日記

こんにちは、投資担当Yです。

まずは10月15日時点の相場観から。

 

【相場観】

円安トレンドが出ており、継続する可能性が濃厚と捉えている。

世界的なインフレに対応すべく各国中央銀行は利上げに向けて動く中、日本は低金利のまま。円売り外貨買いになるのは当然の展開。

外貨の中でも豪ドル、カナダドルなどの資源国通貨が強い。
株も戻しているが、基本的には金利上昇に弱いのが株。

 

という訳で、今は円売りポジションを持っていて、かつナスダックのショートを新規に構築予定。

 

 

【余談①】
これだけの円安トレンドは久しぶりではないでしょうか?2016年11月のトランプラリーを思い出します。

このとき僕は無謀にもドル円ショートで売り向かい、大敗を喫しました。

この時、トレンドに逆らう事の愚かさと、トレンドに乗れていない人に限って逆張りしたくなるという心理的な罠がある事を学びました。

 

 

【余談②】
輸入大国日本で円安が進んだら、私達の日常生活はかなりのインフレにさらされる可能性があるので、少しずつ備蓄を始めることをオススメします。

社会が混乱してはいけないので、あくまでも少しずつが良いと思います。

 

 

画像はトランプラリー当時のドル円週足チャートと今の週足チャート

ボリンジャーバンドの+3シグマにバンドウォークしています。強いトレンドの証。こういう時値ごろ感だけで安易に逆張りすると死にます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です